SDGsに取り組む全ての企業にとって、SDGsとは創業後に後から知ったものになります。そのため、先に自社の商品や事業活動があり、SDGsが後付けとなるため、意識していないと非常に表面的な取り組みになりがちです。しかし、後付けの発想でSDGsを始めると、社会と自社との両方で成果は出ません。表面的な取り組みになっているとは、どんな状態なのでしょうか。

1.もともとの商品や事業とSDGsを紐づけただけで実質的に変化がない

実際にはSDGsに取り組んでいないにも関わらず、表面的に取り組んだ”ふり”をして対外的なイメージだけを高めようとする企業の行為は“SDGsウォッシュ”と呼ばれ、消費者、投資家、従業員、規制当局等のあらゆる方面から厳しい批判に晒されています。

一方で、”SDGsウォッシュ”とまではいかなくとも、もともとの商品や事業にSDGsを貼っただけで、実質的に変化のない状況に陥っている企業が多くあります。SDGsの取り組みにおいて成果の出ない企業の多くはむしろこちらのケースが多いと言えます。

経営や担当部署できちんとSDGsを勉強し、経営や事業に真面目に取り込もうという意思はあるものの、年次計画書、経営計画書、ウェブサイト・パンフレット、各種広報物などに表面的に言葉が躍るのみで、今までと大差ない仕事の仕方を続けている状態です。これは、外部から見れば、いろいろと考えているように見せているだけで、結局自社のイメージ・アップにSDGsを利用しているように映ってしまいます。

2.ESG対応・サステナビリティ報告にSDGsを形だけ添えている

ESG投資は2020年時点で3,400兆円に達し、ESG投資の資金流入によりテスラが生産量では30倍のトヨタを時価総額で逆転するといった現象も起きている昨今、環境、社会、ガバナンスという”非財務的価値”で投資家や格付機関から高い評価を得ることは、上場企業にとって避けられない宿題となっています。

また、その前提として気候変動を中心とした各種の規制や消費者、取引先、労総者等からの評価向上を目指して、統合報告書やサステナビリティ・レポートを中心としたサステナビリティ報告も主流化してきています。ESGやサステナビリティ報告の基準やガイドラインは世界で600余り乱立している状態にあります。

こうした基準やガイドラインは、それぞれ方法論が異なります。しかし、ほぼ共通して、1)評価・開示項目を網羅的に開示すること、2)それらの中で自社の重点課題(マテリアリティ)を決める事、3)顧客以外のステークホルダーを幅広く考え、全体への価値提供を優先順位付けに反映させること、を求めています。

現状、ESGやサステナビリティの観点で外部から低評価されないように多くの上場企業がこうした基準やガイドラインに則って、開示やマテリアリティを進めています。その際、外部向けにこのプロセスを全てやり切って、後から結論として出てくる評価・開示項目や重点課題を「これはSDGsゴールで言うとこれにあたります」と後付けで説明している例が多く見られます。

本来、SDGsは自社の企業理念に基づく目的(パーパス)や経営方針を考えるためのものですので、重点課題を考える前に検討されてこそ真価を発揮します。これは、ESGやサステナビリティに対しても、とにかく基準やガイドラインにキャッチアップすることが命題になっており、そもそもの目的や意義を充分に理解しないまま作業だけ進めてしまっているということでもあり、いずれの観点からも望ましくない状態です。

3.アウトサイド・インで考えられない

通常、企業は今期の売上や利益をもとに来期の見込みを立てています。これは、自身の現状から次の一歩を考える「インサイド・アウト」という考え方になります。上記で登場したESG投資やサステナビリティ報告における重点課題も、自社の商品や今やっている事業活動が起点となり、それが社会や環境に対していどのような正負の影響を与えているかを考えるものであり、やはりインサイド・アウトの発想法になります。こちらの考え方の方が、多くのビジネスパーソンが慣れ親しんだ常識となっています。

一方で、SDGsやイノベーション創出のために必要とされる考え方はその逆で、将来のあるべき社会や自社の姿から自社の次の一歩を考える「アウトサイド・イン」となります。SDGsは持続不可能な今の世界を持続可能にする究極の目標ために、解決しなければならない課題を示したものです。そうした社会のあるべき姿に対して、自社が何をすべきか、どんな存在意義が出せるのかを考えることを通して、本質的な取り組みになっていきます。

インサイド・アウトとアウトサイド・インの違いは、概念としては容易に理解できます。しかし、実際にアウトサイド・インの発想で企業としてものを考えるというのは極めて難易度の高いことです。

知らず知らずのうちに、もとの慣れ親しんだインサイド・アウトの考え方に戻っていきます。その方が安全で、楽な上に、短期的な視点では正しい事のように思えるからです。SDGsについて腹落ちした理解をしている社員の少ない企業では、インサイド・アウトの考え方こそ利益に直結するという主張が大勢派となり、結果的にSDGsに本気で取り組む形にはなっていかないケースが多くあります。