ABOUT US

社名一般社団法人SDGsアントレプレナーズ
所在地〒170-6045
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・45階
代表者青柳仁士
事業内容SDGs達成に資する事業全般
社員数5名
連絡先 Tel:03-5957-7276  Email:info@jp-sdgs.com
取引先 業種SDGsに取り組む民間企業

MISSION

持続可能な世界のための市場を創る

2030年までにSDGsを達成するため、企業のSDGs推進に資する革新的な取り組みを産み出し、加速する

VISION

日本の民間セクターがSDGsを実装し、社会的価値創出において、国連システムを超える世界の公器として機能する

APPROACH

企業及び社会事業家がSDGsを実践するためのラストマイルを繋ぐ

SDGsに取り組む人材には、大きく分けて②規模は小さくとも新たなビジネスモデルとイノベーションを産み出す社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)と、②企業人として所属組織の力をレバレッジにして大規模な社会価値を創出する社会事業家(ソーシャル・イントレプレナー)の2種類の方がおられます。

弊社は、後者である社会事業家の産み出す地殻変動的な社会変化に着目しています。SDGsの認知度の向上や企業のSDGs実践に関する概念的な枠組みの整理と蓄積は既に進んでいます。今必要とされていることは、SDGsの実践支援と実用化手法の普及により、理念を実行に落とし込んでいくことと考えています。

ACTIVITY

当法人は、次の事業を行います。(一般社団法人定款第3条より)

  • 持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)及びその他の社会課題解決の達成に資する事業
  • アフリカを始めとする途上国の開発及び人材育成に資する事業
  • 前各号に付帯関連する一切の事業

DIRECTOR

青柳 仁士(あおやぎ・ひとし)

2012年に国連本部のあるニューヨークでSDGs創設の国際議論に参画し、SDGs開始後の2016年に国連開発計画(UNDP)駐日事務所の広報官として日本の政府機関、民間企業、教育機関、メディア・市民社会等への初期のSDGs普及の責任者を務めました。SDGsの機運を具体的な世界の課題解決力に変えるため、国連在職時に日本の民間企業約50社とともにSDGsをビジネスで解決するためのプラットフォームを設立・運営。SDGsビジネスの最優良事例の創出と実行に取り組んでいます。

<略歴>

  • 2001年 早稲田大学政治経済学部卒
  • 2001年 独立行政法人国際協力機構(JICA) 職員・主任調査役
  • 2006年 デューク大学公共政策大学院国際開発政策修士号取得
  • 2006年 ノースカロライナ大学国際平和・紛争解決コース修了
  • 2010年 国連開発計画(UNDP)対外関係・アドボカシー局政策顧問
  • 2013年 プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC) マネージャー
  • 2015年 ハーバード大学エマージング・リーダーズ・プログラム修了
  • 2016年 国連開発計画(UNDP) 駐日副代表補・上席渉外広報官
  • 2018年 一般社団法人Japan Innovation Network ディレクター
  • 2019年 一般社団法人SDGsアントレプレナーズ 代表理事

SDGs業務実績

株式会社NTTドコモ/味の素株式会社/AGC株式会社/ソニー株式会社/電通株式会社/富士通株式会社/大阪信用金庫/富士通研究所/NTTラーニングシステムズ株式会社/株式会社NTTビジネスアソシエ東日本/JETROアジア経済研究所/グロービス経営大学院/国連開発計画(UNDP)/独立行政法人国際協力機構(JICA)/一般社団法人CSV開発機構/一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ/公益社団法人日本環境教育フォーラム/One JAPAN/SDGs Holistic Innovation Platform (SHIP)/東京大学/東京工業大学/上智大学/関西学院大学 等

TEAM

一般社団法人SDGsアントレプレナーズは、SDGsに関する経歴・実績を持つ創業メンバーを含む5名のSDGsプロフェッショナル、PwC等のナレッジ・パートナー、及びアフリカ全体に1,000名を超える現地メンバーを有するKakehashi Africa等の協業パートナー、及びSocial Freelanceに参加いただいているビジネスパーソン、ボランティアの皆様とともに活動を展開しています。

MESSAGE

私たちの生きているこの世界では、毎年500万人もの子どもたちが5歳の誕生日を迎えることなくこの世を去ります。…続きを読む