SDGsに取り組むことを企業が決めた際、おそらく担当者が最初に参照する資料のおそらくトップ3に入ると思われるメジャーなレポートです。

国連機関が発行しているSDGs関連の資料の中で、民間企業向けのSDGsビジネスに特化したものとしては最も早く発行されました。主に次のような理由で、多くの企業のSDGsの担当者から支持を得ています。

  • 民間企業を読者対象として書かれており、SDGsをビジネスで活用する方法論に焦点が置かれている
  • マニュアル、指南書、手順書のように具体的な作業プロセスを説明しており、企業の実務者が使いやすい
  • 国連の関係機関が出している公的なレポートであるため、意思決定の根拠として組織や上司の理解が得られやすい
  • 様々な補足レポートや関連レポートがあり、SDGsの企業への導入という観点では、唯一と言って良いある程度の体系的知見になっている
  • 日本語にも翻訳されていて読みやすい
  • ウェブサイトから無料で入手できる
  • 書かれているコンテンツに網羅性がある

SDGs Compass及び関連レポートは、企業がSDGsに取り組むための指南書として初期に発行された中では優れたものであり、様々な企業に実際に参照されることを通してSDGsの普及促進に大きな貢献を果たしてきたといえます。まだ読まれていない方にとっては、一読の価値のあるレポートです。

他方で、同レポートの書かれたSDGs発効の間もない頃は、国連はSDGsのビジネスへの活用について過去の枠組みの中での経験しか持っていませんでした。その後、SDGsは発効後の数年で急速にビジネスセクターにおける位置づけが変化してきています。

そのため、同レポートは、その時点での視野と知見が反映されていることに注意が必要です。また、SDGsに実際に取り組んだ企業の教訓をもとに最適な活用法を研究したものではなく、国連としての望ましい姿を説明しているものであることも留意すべき点です。

特に、実際に取り組む側にとっての最大の難点は、企業側から見た「SDGsに取り組むことによるメリット」の発想が弱く、記述が薄い点です。全般的に国連側の視点で構成されており、ISOやCSR等と同様に企業が責任を果たしそれを外部広報することにより、基準のクリアや対外的なイメージ向上が主な企業側のメリットとなっています。

発行元:GRI、国連グローバル・コンパクト、WBCSD