第4回目の放送のゲストは、バイオマスレジンホールディングス バイオマスレジン南魚沼の代表取締役である神谷雄仁さんです。
同社はバイオマス資源を利用したプラスチック樹脂原料の製造、販売および研究開発を行う企業であり、お米を原料としたプラスチックから作られるレジ袋、子供用おもちゃ、食器など様々な製品を開発しています。

開発の拠点を新潟にした理由として、新潟は米どころであると同時に廃棄されてしまうお米も多いため、食品ロスをなくすための取り組みをしたかったことや、農業の抱える問題や課題を同時に解決できる場所であったことを挙げていらっしゃいました。

特に同社の製造販売するお米由来のレジ袋は、郵便局が取り扱いを開始したことで一躍有名となり、実際の消費者が手に取る機会も増えたことで身近に感じられ、その質感の違いや環境にやさしい素材に高評価をいただいているとのことです。

取り扱う米は古くて食べられなくなったお米以外にも、日本酒造りで削られた部分の米や水害で販売できなくなったお米、いわゆる非食用米を用いているとのこと。このような非食用米を農家から買い取り原料にすることによって、地域を支える米農業のセーフティーネットにもなることを目指しているそうです。

また同社は新たな事業として、耕作放棄地と呼ばれる農地を利用し、工業用の米を自社で作る取り組みを始めました。その目的やメリット、今後の構想なども存分にお話しいただきました。
中小企業が地方でSDGsに関わる産業を行うヒントがたくさん詰まった回となっています。

ここでは書ききれない内容が、公式Youtubeチャンネルからご覧いただけます。


ご自身や会社のSDGsの取り組みのヒントがたくさん詰まった、Tokyo FMのラジオ番組「SDGsティーチャー」。

番組パーソナリティの弊社代表の青柳と、フリーアナウンサーである魚住りえさんの掛け合いもとても軽快で、聞きやすい内容となっています。

放送は日曜朝7:00から30分間で、さわやかな朝のお供にぴったりです。また、AuDeeやRadikoといったスマートフォンのアプリでも聞くことができます。

https://audee.jp/program/show/51837