社会価値と経済価値(収益)を両立させたビジネスのことを「SDGsビジネス」と名づけ、ここではその定義を明らかにしてみたいと思います。

SDGsビジネスは普通のビジネスと何が違うのでしょうか?

下の図は、企業の活動を社会価値と経済価値の2つの軸で表したものです。これを使って説明していきます。

まず、この中で、①の社会価値も経済価値も低い領域は、「やること自体に意味がある」ような趣味や娯楽の活動になります。②の社会価値は高くても経済価値が低い領域は収益が発生しないため政府や非営利団体の事業領域です。企業が関われるのは経済価値が高く、ビジネスとして成立可能な③または④の領域となります。

これまでの多くのビジネスは、経済価値の拡大を追求する収益事業であり、③の領域にありました。一方で、社会価値と経済価値を最大化させるSDGsビジネスとは④の領域に位置する事業といえます。

共通価値の観点から見た人や組織の活動の分類

CSRとSDGsの違い

一見当たり前のことを解説しているようですが、この定義の明確化は、私たちの中で混乱しがちな概念をうまく整理するのに役立ちます。

その典型例がCSRとSDGsの区別です。

1990年代に米国で始まったCSR(企業の社会的責任)のもともとの考え方は、現在のSDGsの理念と非常に近く、社会価値と経済価値を両立させた市場や企業の新しい在り方を模索するものでした。

しかし、2000年代以降、日本において実際に企業に取り入れられた多くのCSR活動は、本業のビジネスで発生させてしまった社会や環境への負荷を埋め合わせるため、本業とは別にコストをかけて社会貢献活動を行うというものでした。

この図では、企業は経済価値のみを目指す③の収益追求事業を本業とし、副業として②の社会価値の創出のみを目指す活動を行っていたといえます。

一方で、SDGsは本業を通じて経済価値と社会価値の両方を産み出す、つまり、収益を上げながら社会と環境にも好影響を与える④の領域で本業のみを行うことといえます。

👉SDGs Eラーニング 基礎編 「ビジネスパーソンのためのSDGs入門」