DAY24で見てきたようにESG対応からのSDGsへの紐づけは、企業の側からはサステナビリティに関する外部からの評価を高めるための合理的な手段といえます。しかし、ESG評価の向上を目指したSDGsの導入は、ESG評価で高得点をとるための単なる「報告書作成のテクニック」となってしまい、SDGsへの取り組みが形骸化してしまいます。ここでは、SDGsが形骸化しているとはどんな状態で、何が問題なのかについて見ていきます。

SDGsが形骸化しているとはどんな状態か?

自社のSDGsの導入・実践が次のような状態に近いと感じたら形骸化している可能性が高いと言えます。

1 後付けしているだけ

ESG対応で出てきた重点課題がSDGsのどのゴール・ターゲットに貢献しているかをアピールしているだけで、SDGs自体は重点課題の選定にほとんど影響していない。結局はもともと自社が扱っていた製品・サービス、行っていた事業・CSR活動等にSDGsのラベルを貼っただけになっている。

2 言葉だけが躍っている

中期経営計画や年次報告書などにSDGsに関連する言葉が並んでいるだけで、具体的な社員の行動や自社の事業にはほとんど変化がなく、多くの社員にとって実感がない、またはそもそも認知していない。CSRやコンプライアンスのようにとりあえず形だけ対応しておけば良いものと考えられている。

3 見せ方を整えているだけ

投資家や消費者からの要求にとりあえず応えるために一通り見た目を整えただけで終わっている。良い要素となる語句、文章及び図表等をたくさん並べているが、いかに格好良く自社を見せるかという「見せ方」や「ブランディング」に注力しているのみで実態がとても小さい。ウェブサイト、中期経営計画、統合報告書等の中のデザインや表現のテクニックの工夫ばかりになっている。

SDGsが形骸化すると何が問題なのか?

最大の問題は、自社にも社会にも本当の変化が起きないことです。SDGsは持続不可能になってしまった今の世界を持続可能にするために、現在の延長線上にはない未来を創り出すために人類全体で変化を起こすことであり、企業はその一部としての貢献が求められています。しかし、もともとやろうとしていたことをきれいに報告書にまとめただけでESGの評価が上がり、SDGsとしても人々の共感を集めるのであれば、そこで企業としての目標は達成してしまいます。SDGsがあってもなくてももともとやろうとしていた変化をSDGs的に表現することに終始し、本当の意味での変化を起こす必要はなくなってしまいます。

次章ではSDGsを形骸化させないために、SDGsに取り組む企業の社員一人一人が持つべき視点について解説します。

👉SDGs Eラーニング 応用編 「ビジネスパーソンのためのSDGs実践」