SDGsとESGはサステナビリティを推進するための車の両輪であるということはDAY18で整理した通りです。ESGとSDGsは別々に行うものではなく、一緒に推進することでその真価を発揮します。一方、DAY22で見てきたように、SDGsへの取り組みは企業にとって任意ですが、ESG投資への対応は必須かつ緊急であるため、ESGの方だけが先行しがちという実態があります。ESGとSDGsの両方を同時に対応していくためにはどうすれば良いのでしょうか。現在、事例として最も多く見られる方法は、ESG対応からのSDGsへの紐づけです。以下に典型的な2つのパターンを紹介します。

パターン1 重点課題(マテリアリティ)とSDGsの紐づけ

現在、最も多くの日本企業によって実際に行われている方法です。DAY23で解説した手順でESG対応を行い、重点課題(マテリアリティ)を抽出した後、それらがどのSDGsゴールに貢献しているかを後付けで説明しています。多くの場合は、統合報告書やウェブサイトなどに重点課題の一覧がまずあり、それぞれの課題に対してSDGsのロゴが視覚的に配置されています。

ESG投資における評価の観点からは、まずは何よりもこれまで解説してきたような基準・指標に基づく開示対応が重要です。更にSDGsへの貢献が分かれば尚良いため、このような対応が企業にとって有効な手段となります。ESG投資において評価の高い企業の統合報告書やサステナビリティ・レポートを読んでみると、この方法を採用している企業が多いことに気が付きます。現時点では、それだけESG評価機関からも受けが良い方法だと考えて良いでしょう。

実際に、主要なサステナビリティ報告基準であるGRIスタンダードと、SDGsの企業のレポーティングを扱うSDGs Compassの両方の発行元となっているGRIによれば、両者の関係は「SDGsの取り入れは、マテリアリティの評価を再検討し、報告内容が持続可能な開発のための2030アジェンダおよびSDGsと整合することを確実にする機会」と表現しています。つまり、SDGsから経営や事業の目標を考えるというよりも、先にサステナビリティ報告における重点項目があり、SDGsというのはそれを国際的な潮流に整合させるための「確認」という位置づけで捉えられています。

パターン2 開示項目とSDGsの紐づけ

先述の企業のSDGs導入ガイドラインであるSDGs Compassで推奨されている方法です。DAY23で示した手順のうち、STEP3のマテリアリティの特定ではなく、STEP2の自社の非財務パフォーマンスを測定する際に、SDGsのゴールやターゲットを参照する方法です。

自社の活動が社会や環境にどのようなプラスとマイナスの影響を与えているかについての分析にあたり、サステナビリティ報告の示している基準・指標に加えて、SDGsゴール・ターゲットの観点を加えて考えます。

この方法を採用している企業では多くの場合、それら2つの観点だけでなく、国連、日本政府などの公的機関や世界経済フォーラムやシンクタンクなどが示す今後の世界のトレンドと課題なども含めて参照している場合が多いといえます。


上記のような紐づけを行うことにより、ESG評価の観点からは、ESGとSDGsに一体的に対応することができます。しかし、この方法にはサステナビリティやSDGsの全体感で言えば、本質から離れてしまっているといえます。その問題について、次章で解説していきます。

👉SDGs Eラーニング 応用編 「ビジネスパーソンのためのSDGs実践」